ART 体外受精・顕微授精|着床前診断について|岐阜の産科・婦人科・不妊治療 おおのレディースクリニック

ライン-白

ART|生殖補助医療とは ASSISTED REPRODUCTIVE TECHNOLOGY

ART〈Assisted Reproductive Technology〉 生殖補助医療とは、体外で精子・卵子や受精卵(胚)の操作を行う不妊治療のことです。
体外受精・胚移植、顕微授精、胚凍結・融解移植などがあります。
日本だけで年間40,000人以上がARTによって産まれています。これは、ARTが特別なものではなく、社会的にも認められていることを意味しています。

当院の体外受精 ART

  • 1

    当院の体外受精はクロミフェン周期で行います。不必要な排卵誘発剤は使用しません。

  • 2

    妊娠の可能性のある胚盤胞を凍結します。胚移植は次の周期に行います。

  • 3

    胚移植数は1個です。詳しくは凍結後に説明します。

体外受精には大量の排卵誘発剤を使ってできるだけたくさんの卵を採り、たくさんの胚を移植しようとする過排卵刺激法があります。
しかし、このような排卵誘発法を繰り返すと卵巣の機能が低下し、卵の質を悪くしてしまいます。

当院では「自然周期法」での体外受精を取り入れています。
クロミフェンを服用し、必要に応じて最少量の排卵誘発剤を注射します。
身体に優しく、精神的、経済的に負担の軽いローリスクな体外受精法です。

低刺激法 体外受精の流れ COURSE OF TREATMENT

1. 卵を育てる

月経 3日目頃/内診(エコー診)・血液検査

エコー診察にて卵巣が腫れていないことを確認後、「クロミッド錠」を採卵決定まで1日1錠ずつ服用します。

月経 8日目頃/内診(エコー診)

内診を行い卵胞の成長を診ます。  必要に応じて排卵誘発剤の注射をします。

採卵日より2日前/血液検査・採卵日決定

来院、内診・血液検査を行い採卵日を決定します。

採卵35時間前/ご自宅でブセレリン点鼻

2. 採   卵

奥様:受付→採卵→診察

・ごく細い針を穿刺し採卵します。
・採卵は5分ほどで終了し、すぐに帰宅できます。
・炎症予防のために抗生物質が処方されます。
・採卵後、説明があります。
採卵をする前に排卵することがあります。採卵で卵が採れないことがあります。

旦那様:精液を当院で採取、または自宅で採取しご持参ください。

3. 受精方法

体外受精法

卵子が入っている培養液に一定濃度の精子を入れ、自然な受精を待ちます。
体外受精をご希望の方でも精子濃度が十分でない場合は、顕微授精を行う場合があります。

顕微授精法

顕微鏡下で卵子と精子を見ながら精子を1匹、卵子の細胞質内に注入します。
精子数が極端に少なくても受精が可能です。

4. 凍  結

受精した胚が妊娠の可能性のある胚盤胞へ成長後、凍結します。

すべての卵が受精、分割して胚盤胞になるとは限りません。

5. 移  植

超音波で子宮を見ながら移植します。移植処置後はすぐにご帰宅できます。
子宮内膜の厚さが十分でない場合は移植日が延期になります。

凍結胚ができた方に限ります。
胚を凍結せずに採卵周期で移植する方法もございます。詳しくはお尋ねください。

孵化補助法 (Assisted Hatching:AHA)

胚盤胞が子宮内膜に着床する時、透明帯という胚を覆っている殻を破って自ら飛び出す「孵化(ふか)」と呼ばれる現象を起こします。
しかし、たとえ良い受精卵であってもこの孵化がうまくできなかった場合、着床することはできません。
凍結胚や高年齢の方の卵は透明帯が硬く、厚くなると言われています。
このような場合には予め、透明帯に穴を開けたり、薄くする処理を行うことで孵化しやすくなります。
これを孵化補助法といいます。
孵化補助法にはいくつかの方法がありますが、当院では、最も胚に優しいと言われているレーザー法を採用しています。

紡錘体可視化装置の導入

当院では、卵子の紡錘体の位置や状態を確認しながら顕微授精を行っています。
卵子を詳細に確認することで染色体を傷付ける可能性を減らします。
また、最適な核成熟の時に顕微授精を施行することが可能となり、丁寧で精密度が高くさらに卵子にやさしい方法でおこなっています。

シート法 (SEET法)

体外受精をする過程で受精卵を体外で培養し、胚盤胞に育ったら一旦凍結します。その際にこの受精卵が育った培養液も別に凍結しておきます。

この培養液には受精卵から放出された着床因子が含まれており、移植日の2〜3日前に子宮に注入することで、子宮内膜が刺激を受け着床しやすい状態になると言われています。

ご希望の方は採卵までの診察時にお申し付けください。

カルシウムイオノフォア (卵子活性化処理法)

カルシウムイオノフォアとは、卵子の膜をカルシウムイオンが透過するのを促進する物質のことです。卵子の活性化を起こすために用います。
顕微授精の際にカルシウムイオノフォアを用いることで、分割率や胚盤胞到達率が上昇したという報告もあります。
しかし、カルシウムイオノフォアは全ての卵子・受精方法に有用というわけではありません。卵子側に問題があって受精しない場合など、カルシウムイオノフォアが有効でない場合もあります。
また通常の体外受精では、精子が卵子に入り込むタイミングが特定できないため、カルシウムイオノフォアは使用出来ません。

カルシウムイオノフォアは使用期限が非常に短いため、ご依頼があってからの注文となるので、ご希望の方はお早め(生理3日目頃)に診察時にお申し付けください。

ライン-しろ

着床前診断について PGT-M・PGT-SR

当院は、日本産科婦人科学会認定の
着床前診断実施施設
となりました。

着床前診断は「PGT-M:Preimplantation Genetic Testing for Monogenic/single gene defects」「PGT-SR:Preimplantation Genetic Testing for Structural Rearrangements」であり、現在日本産科婦人科学会が臨床研究を実施している「PGT-A」と呼ばれるものとは異なります。

着床前診断とは

着床前診断(PGT-M・PGT-SR)は、胚移植を行う前に得られた胚盤胞をそれぞれ「PGT-M:単一遺伝子の異常がないかを調べてから」「PGT-SR:染色体構造異常を調べてから」異常がないものを胚移植することで、流産を回避したり健康なお子さんを得られるようにするための技術です。

対象となる
遺伝子ご夫婦

PGT-M

医学的に重い遺伝性の病気が子どもに伝わる可能性がある方
(デュシェンヌ型筋ジストロフィー (DMD)・筋強直性ジストロフィー・Leigh脳症・副腎白質ジストロフィー・オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症など)

PGT-SR

・習慣ならびに反復流産(2回以上の流産)の均衡型染色体構造異常を有するご夫婦
・重篤な遺伝性疾患児を出産する可能性のある均衡型染色体構造異常を有するご夫婦

着床前診断(PGT-M・PGT-SR)の
治療の進め方

  • 1医師による検査・診察を行います。
  • 2専門遺伝カウンセラーによる遺伝カウンセリングを受けていただきます。
  • 3公平な視点での判断が必要であるため、第三者機関の専門家による遺伝カウンセリングを受けていただきます。
  • 4卵巣刺激を行い採卵し、顕微授精を実施します。
  • 5得られた胚盤胞の細胞の一部を検査用に採取します。
  • 6共同研究機関で、遺伝学的な検査を行います
  • 7検査結果は医師より情報提供し、遺伝カウンセラーによる遺伝カウンセリングを受けていただきます。
  • 8原則、検査で異常が見つからなかった胚を、患者さんの同意のもとで移植します。

PGT-M実施の場合には3までが終了したところで患者さんの同意を踏まえて、私たちの病院内での倫理審査委員会への申請を行い承認となりましたら、日本産科婦人科学会の倫理審査委員会への申請を行います。その結果、承認が得られましたら治療を開始することになります。 所要期間として半年から1年程度かかることも考えられます。

着床前診断(PGT-M・PGT-SR) 実施の
予想されるメリットデメリット

着床前診断(PGT-M・PGT-SR) 実施の予想されるメリット

着床前診断の実施によって 反復流産の回避ができる可能性および妊娠する可能性が高まることが考えられます。

着床前診断(PGT-M・PGT-SR) 実施の予想されるデメリット

  • 胚から一部の細胞を採取(生検)する過程で、胚自体に影響を及ぼす可能性は低いものの完全には否定できません。
  • 共同研究機関に輸送した細胞が、変性のために結果が出ない可能性があります。
    その際には再度、同じ受精卵から生検を行う必要性が発生しますが、再度検査を行っても胚盤胞の状態によっては、検査結果が出ない可能性もあります。
  • 検査した胚のすべてに異常があり、移植できない場合があります。
  • 検査精度には限界があり、診断結果が得られないことや不確かな診断となる場合もあります。
  • 検査により染色体構成が標準型か均衡型相互転座かを区別することはできません。
  • 相互転座に由来する異常以外に、検出された数的異常についての開示はできません。
  • 妊娠後の出生前診断のかわりになる検査ではありません。
  • 男女の性別の開示はできません。
  • 異常をもたないと診断された胚を移植しても妊娠しないこと、流産してしまう可能性もあります。
  • 輸送時の事故によって、検体の品質が劣化して解析できない可能性があります。
    輸送時の事故によって検査不可能となった場合、再生検で対応できる可能性はありますが、100%ではありません。

着床前診断をしなくても、流産せずに出産できる場合もありますし、病気を持たない子供が生まれてくる可能性もあります。
詳しい着床前診断については、お問い合わせください。