カウンセリング・事前検査|岐阜の産科・婦人科・不妊治療 おおのレディースクリニック

ライン-白

不妊治療カウンセリング INFERTILITY TREATMENT THERAPY

まずは、お話しませんか?

当院には「不妊治療カウンセラー・体外受精コーディネーター」が在籍しています。
当院で初めて診察される時に、不妊治療の進め方・疑問点や不安な気持ちなど、当院カウンセラーがゆっくりとお話を伺います。
当院で治療中の方も「診察のついでに少し話がしたい」「ちょっと聞きたいことがある」という場合には、当院カウンセラーがお話を伺いますのでお気軽に受付やスタッフまでお声をかけてください。
ゆっくりお話をされたい場合や治療法について詳しく聞きたい場合、予約制にて無料のカウンセリングも行います。
診療時間内に受付またはお電話にてご予約ください。

不妊治療カウンセリングによって、患者様の様々な思いや悩み、ストレスが少しでも和らぐお手伝いができればと願っています。

不妊治療
カウンセリングについて

*当院で診察を受けられた方、不妊治療中の方のみが対象となります。

*上記対象以外の方は、カウンセリングのみは受けられません。

*初診の方は予約不要となります。診療時間内にご来院ください。

*初診の方はカウンセリングができない時間帯もございます。

*治療中の方で2回目以降のカウンセリングは、事前予約となります。

不妊治療事前検査について INSPECTION

問 診 ・ 初 診

初めて受診された方に不妊治療カウンセラーの問診を行っています。
ご希望される不妊治療や疑問・不安な点などお聞きします。

問診が出来ない時間帯もございます。

不妊症の検査

当院の治療方針は「シンプルで身体に優しい不妊治療」です。不妊の原因を調べる検査も、「患者様の年齢」や「不妊治療歴」「既存症」「体質」などに合わせて、必要な検査だけを行います。
ご自宅では、ご自分の排卵期を把握するために基礎体温を測ることをお勧めします。

クラミジア感染症の検査

卵管性不妊症の原因として、クラミジア感染症は大きな要因です。
子宮頸管内や膣内の分泌物を採取するだけの簡単な検査です。陽性の場合は、ご夫婦で抗生物質を内服していただきます。

ホルモン検査

血液検査によって、卵巣機能、排卵の予測、卵子の成熟などを予測します。
生理中と排卵期に行います。

子宮卵管造影検査

卵管の通り具合をチェックする検査です。内診で子宮内に細いチューブを入れて膨らませます。
次にレントゲン室でチューブより造影剤を流し、この様子をレントゲン撮影します。
子宮腔や卵管の形をみるだけでなく、卵管の通過性、卵管采周囲癒着の程度を知ることができます。
生理が終わって直ぐに施行します。
検査後、卵管内がキレイになるので卵と精子が出会いやすくなり、3ヶ月ほど妊娠しやすくなります。
子宮卵管造影検査は同時に不妊治療も兼ねています。

ヒューナーテスト

子宮頸管粘液と精子との相性を調べます。
排卵の時期に性交を行い、その当日もしくは翌日に来院していただき子宮頸部の粘液を採取します。粘液のなかで精子が泳いでいる様子を顕微鏡で観察し、運動精子数を一定以上認める場合を正常とします。
ヒューナーテストは、「タイミング指導」や「人工授精」が有効かどうかを見極める大切な検査です。
ヒューナーテストの結果が不良の場合は、「人工授精」を選択肢として考えたほうが良いでしょう。

精液検査

男性因子による不妊を調べる方法です。
検査の結果でわかることは「乏精子症」「精子無力症」「奇形精子症」などです。精子の受精能力や泳ぐ速度も分かります。
病院で採取する方法と、自宅で専用の容器に採取して持参していただく方法があります。
精液の様子は体調によって変化しやすいので、検査は2〜3回行うこともあります。
この検査結果が悪い場合は「顕微授精」を治療法として選択します。